コロナ5人感染、1桁は45日ぶり 2回接種後に感染、川西でクラスター

2021/9/14 07:53

[PR]
 県は13日、新たに20~80代の男女5人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。新規感染者の公表が1桁となるのは7月30日以来で45日ぶり。一方、川西町の介護老人保健施設「かがやきの丘」では既に公表された人を含め計5人の感染が判明し、県はクラスター(感染者集団)が発生したとの認識を示した。このうち4人はワクチン接種が2回完了後に感染した「ブレークスルー感染」だった。

 県と山形市によると、13日の新規感染者の内訳は川西町2人、山形、新庄、米沢の各市が1人ずつ。このうち男女2人はかがやきの丘の利用者で、他に11日に公表された男女2人が利用者、女性1人が職員。同施設の通所リハビリの送迎車や食事などで接触があったという。5人のうち利用者1人を除く4人がワクチン接種を完了していた。職員64人と利用者約80人の検査を進めている。

 他にクラスター関連では、新庄市の病院「PFC HOSPITAL(ピーエフシー ホスピタル)」に入院する男性1人の感染が判明し、累計53人となった。また、米沢市の40代男性は私用で隣県を訪れていた。

 12日の新規感染者は幼児から90歳以上の男女18人で、内訳は山形市5人、鶴岡市4人、新庄市3人、上山市2人、天童、東根、山辺各市町と県外在住が1人ずつ。

 同病院では入院患者の男性2人と女性職員1人の感染が分かった。鶴岡市の40代男性は仕事で首都圏を訪問。県外在住の30代男性は今月上旬に隣県から私用で本県を訪れ、山形市に滞在していた。

 また、感染力の強い「デルタ株」の可能性がある変異株「L452R」は新たに3件検出され、累計498件となった。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]