遊佐沖、洋上風力発電「有望な区域」に 国土交通省など選定方針

2021/9/13 07:13

 洋上風力発電の事業化に向けた動きが進む本県の遊佐沖について、国土交通省と経済産業省が、より具体的な検討を進めるべき「有望な区域」に選定する方針であることが分かった。きょう13日に公表する予定。事業開始に必要な3段階のうち、現在は1段階目の「一定の準備段階に進んでいる区域」だが、一つ上の段階に進むことになる。国は今後、県や地元関係者との協議会設置の準備を始める。

 有望区域は、事業者の公募など具体的に事業が進む「促進区域」指定に向けた前段のプロセスとなる。国が県などから情報収集した結果、協議会開始に向けた地元との調整が進んでいるとともに、早期に促進区域に指定できる見込みがあると判断されたとみられる。今後は協議会での議論や詳細調査などを基に促進区域への指定が妥当かが検証される。

 遊佐沖の他に、秋田県の男鹿市・潟上市・秋田市沖、新潟県の村上市・胎内市沖、千葉県のいすみ市沖の3区域も新たに有望区域に追加される見通しで、これにより、先に選定されている青森県沖日本海などと合わせ計7区域が有望な区域となる。

 遊佐沖では、庄内砂丘の海岸部から約1キロ先の海面での事業が想定されている。複数の事業体などが意欲を示しており、各事業計画では海面から高さ187~266メートルの着床式風車36~63基を海上に建てる構想で、最大の想定出力は43万~50万キロワットとなっている。本来は事業化が決定した後に行われる環境影響評価(環境アセスメント)も、前倒しで行われている。

吉村美栄子氏

再エネの切り札、期待

 吉村美栄子知事の話 2050年のカーボンニュートラルの実現に向け、洋上風力発電は、再生可能エネルギーの中でも切り札として導入拡大が期待されている。遊佐町や関係者とともに研究・検討を重ねてきた内容を今後の法定協議会で十分に伝え、本県の洋上風力発電事業が着実に前進するよう取り組む。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]