涼しげな滝の音、山歩き満喫 山形、紅葉川渓谷トレッキング

2021/9/12 20:10
つり橋を渡るなどして渓谷でのトレッキングを楽しむ参加者=山形市山寺

 山形市山寺の面白山高原で12日、紅葉川渓谷トレッキングが開かれ、市民ら約30人が涼しげな滝の音を聞きながら約2時間の山歩きを楽しんだ。

 市山寺コミュニティセンターが企画し、山寺山愛会(今田精一会長)がガイドを務めた。参加者はJR面白山高原駅を出発し、車道を歩いて渓谷入口からトレッキングコースに入った。こけむした岩やぬれた草に気を付けながら進み、つり橋を渡ったり、滝の写真を撮ったりして緑陰の中での散策を満喫した。

 今田会長は「マイナスイオンをいっぱい浴びて、明日への活力にしてほしい」と話した。渓谷の木々が色付くまで1カ月程度かかるとみられ、再訪を呼び掛けていた。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]