晴天の下、はつらつプレー さわやかグラウンドゴルフ酒田・飽海地区大会

2021/9/10 19:46
晴天の下、191人がはつらつとしたプレーを繰り広げた酒田・飽海地区大会=酒田市河川公園「スワングラウンド・ゴルフ場」

 第7回さわやかグラウンドゴルフ大会(山形新聞、山形放送、山形新聞親交会主催)の酒田・飽海地区大会が10日、酒田市河川公園「スワングラウンド・ゴルフ場」で開かれ、38人が県大会(10月13日、中山町)出場を決めた。

 酒田市と遊佐町から50~90代の191人が参加。「鳥海山」「最上川」の各コースに分かれて4ラウンド計32ホールを回り、スコアを競った。受け付けでの検温と手指消毒、プレー中以外の不織布マスクの着用徹底といった新型コロナウイルス感染防止対策を講じて実施した。

 すっきりと晴れ渡り、汗ばむ陽気の中、選手たちは「ナイスショット」「惜しい」などと互いをたたえながら、はつらつとしたプレーを繰り広げた。酒田市横代の佐々木祝一さん(78)は1ラウンド目を終えて「滑り出しはまずまずだった」と話し「起伏が多く、攻め応えのあるコース。果敢にホールインワンを狙っていく」と意気込んでいた。

 各コース上位19人が県への切符を獲得。それぞれの上位5人ずつによる順位決定戦の結果、優勝は遠田民雄さん(遊佐町庄泉)、2位は佐藤次雄さん(酒田市あきほ町)、3位は佐藤良一さん(遊佐町小原田)となった。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]