ヤマザワが2度目のV 山形実業人野球大会

2021/9/9 20:52
サヨナラ勝ちで優勝を決めたヤマザワの選手たち=山形市・きらやかスタジアム

 第56回山形実業人野球大会(主催・山形新聞、山形放送、山形市、同市教育委員会、山形地区野球連盟)は9日、山形市のきらやかスタジアムで決勝を行い、ヤマザワが6-5でスパコンズにサヨナラ勝ちした。ヤマザワは11大会ぶり2度目の優勝を果たした。

 準決勝を共に逆転で勝ち上がってきた両チームの一戦は1点を争う接戦となった。ヤマザワが二回にノーヒットで2点を奪うも、直後にスパコンズが連打などで同点に。最終回に3点差を追いつかれたヤマザワだったが、2死満塁の場面で代打の中村永吉選手(37)が四球を選び、押し出しで決勝点をもぎ取った。

 表彰式では、大会実行委員長の大友洋志山形新聞取締役販売局長が優勝旗を、渋谷邦弥山形地区野球連盟会長が横倉杯をヤマザワに贈った。最優秀賞には、ヤマザワの槙望夢投手(19)が選ばれた。

 ヤマザワとスパコンズは10月9、10日に荘内銀行・日新製薬スタジアムやまがた(県野球場)などで開かれる第46回県実業人野球大会に出場する。

 槙投手以外の個人賞受賞者は次の通り。(敬称略)

 ▽敢闘賞=有路真人(スパコンズ)▽優秀選手=市村勇直(ヤマザワ)六沢和也(スパコンズ)

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]