湧水の里、マップで紹介 山辺・作谷沢

2021/8/29 20:07
作谷沢地区の新しい案内看板を披露する関係者=山辺町

 豊富な湧水を誇る山辺町作谷沢地区に、代表的なスポットを紹介する新たな案内看板「まんだらの里作谷沢 湧水マップ」が完成した。地域住民の熱意が形になったマップで、29日にお披露目式が行われた。

 地区を紹介するマップは以前からあったが、長年の風雨にさらされ壊れてしまった。地域の魅力を訪れた人々に伝えたいと、そば店で働く樋口徳四郎さん(63)=北作=と農業の樋口規夫さん(60)=同=が発起人となり、新しい案内看板を作ることにした。今年6月から地域住民らに協力金を募り、約70人から賛同を得た。手続き関係では町からアドバイスを受けた。

 案内看板の大きさは縦2.6メートル、横3.8メートルで、旧作谷沢公民館「モアいかづち」の入り口脇に設置。「まんだらの里作谷沢 湧水マップ」と記され「龍神水」「雷」「稲荷様」など代表的な12カ所を示した。カラー写真を添えたほか、神社やホタル生息地なども紹介している。

 お披露目式には地域住民のほか、遠藤直幸町長らも含め約40人が出席。覆っていたシートを取り外して湧水マップが現れると、拍手が湧いた。徳四郎さんが「皆さんからの協力で立派な看板ができた。地域振興に貢献できればうれしい」とあいさつ。遠藤町長は「コロナ収束後には、この看板の前で多くの観光客の姿があることを期待している」などと述べた。お茶やジュースで乾杯し、完成を祝った。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]