人?かかし?楽しい見間違い♪ 尾花沢・西原地区、今年も84体がお目見え

2021/8/29 14:29
スイカ畑を守ったスイカ頭のかかし

 尾花沢市西原地区に今年も住民手作りのかかしが姿を現した。田畑や民家の前に84体が立つ。遠くに見える人影は農作業中のおじいさんか、それとも人形か―。ふと見分けがつかなくなるような、まさに「かかしの郷」だ。

 かかし作りは地域ぐるみで一昨年に始まった。今年は53世帯が参加。92歳のお年寄りも手掛けている。五輪や新型コロナウイルスなど世相を映した作品のほか、木彫り、子ども服のリサイクルなど、こだわりが見える。かかしは言葉を発しないが、サルを追い払い、訪ねて来た人を歓迎し、小さな集落をにぎやかにしてくれている。10月中旬まで。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]