おーばん、来春白鷹に初出店へ 閉店のスーパー跡地に

2021/8/28 13:38
おーばん白鷹店の建設予定地=白鷹町荒砥乙

 食品スーパー・おーばん(天童市、二藤部洋社長)は、白鷹町荒砥乙に「おーばん白鷹店」を新設する方針を固めた。場所は同町の中心部で、昨年3月に閉店したスーパーの跡地。同社によると県内14店舗目で、同町では初出店。来春のオープンを予定している。

 27日夜に町中央公民館で説明会を開き、住民に計画概要を伝えた。白鷹店は敷地面積約4600平方メートル。建物は平屋で店舗面積は1454平方メートル。駐車場は収容台数58台。営業時間は午前8時~午後10時。大規模小売店舗立地法(大店立地法)に基づく県への新設計画を既に届け出ている。

 予定地は国道287号と国道348号の交差点のそば。昨年3月まで、JA山形おきたまの子会社ジェイエイサービスおきたま(川西町)が運営するスーパー「エーコープしらたか」が営業していたが、売り上げ減などを理由に閉店した。

 説明会は大店立地法に基づき開催し、約20人が参加した。おーばん側は騒音対策や廃棄物対応などについても説明した。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]