モデルナ製に異物、県内は該当なし 新型コロナワクチン

2021/8/27 13:08
米モデルナの新型コロナウイルスワクチン

 厚生労働省は26日、米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンについて、5都県8カ所の接種会場で計39本の未使用状態の瓶から異物の混入が見つかったと発表した。厚労省は混入の危険性が否定できないとして、同時期にスペインにある工場の同じ製造ラインで作られた3ロット計約163万回分の使用を見合わせるよう要請した。各地では職場接種を中断する動きが出るなど影響が広がった。

 県は26日、県内で流通している米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンについて、該当するロットのワクチンはなかったと明らかにした。同日午前、厚生労働省からメールで連絡があったという。

 山形大が9日から行っている職域接種でもモデルナ製ワクチンを使用しているが、同大によると、該当するロットのワクチンは納入されていなかった。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]