日大山形ナインの奮闘たたえ 全国高校野球、仲間ら応援観戦

2021/8/24 22:26
熱戦を繰り広げたナインに声援を送る生徒たち=山形市・日大山形高

 24日に3回戦が行われた第103回全国高校野球選手権大会で、日大山形は石見智翠館(島根)に4-5で惜敗。8強入りに届かなかったが、最後まで諦めないプレーで仲間や保護者たちの胸を熱くした。

 山形市の日大山形高では応援観戦が行われ、男子バスケットボール部やスキー部、ダンスドリル部の部員ら約50人が一進一退の攻防を見守った。サヨナラ負けの瞬間はうなだれる姿も見られたが、大きな拍手で2勝を挙げたナインの奮闘をたたえた。

 ダンスドリル部が球場の演奏に合わせてポンポンを振る中、初回に5番塩野叶人選手の犠飛で幸先よく先制すると、生徒たちは手をたたいて喜んだ。手に汗握る投手戦が続く中、同点のまま後半戦へ。同部の2年高橋千渚さん(17)は「ドキドキする展開。1点でも多く取れるように応援する」と力を込めた。

 逆転を許した直後の7回表に日大が連打で再逆転するなど、互いに譲らないシーソーゲームに応援の熱も高まった。最後は一歩及ばなかったが、堂々と戦ったナインに生徒たちからは温かい拍手が送られた。男子バスケットボール部の3年佐藤怜央さん(18)は「同級生の佐藤拓斗選手がピンチで体を張っていた。バスケ部も泥臭く戦う姿勢を徹底したい」と野球部の熱闘に刺激を受けていた。

高校野球

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]