山形実業人野球・4強の顔ぶれ(3) ヤマリョー野球部

2021/8/24 15:11
ヤマリョー野球部

 創部から5年で、20代を中心とした勢いのあるチーム。打線は「どの打順からでも得点を奪える」との評判通り、複数試合で2桁得点を記録した。俊足好打のトップバッター・鈴木幹太選手が出塁し、主砲・安食文哉選手ら長打力のあるクリーンアップが返す展開に持ち込みたい。

 エース庄司瑞投手に加え、楳津滉大投手、小笠原大輝投手のタイプが異なる三本柱は、2回戦以降を2失点以下に抑え込むなど期待通りの力を発揮している。打線に破壊力がある分、投手陣の出来が勝敗の鍵となりそうだ。

 前回大会は準決勝で敗退し、選手全員が悔しさを経験した。今大会は優勝という新たな歴史に挑み、創部からの悲願達成を狙う。

攻守共に一球に集中

 須藤広大監督の話 毎年チーム強化を図り、着実に結果を残してきた。攻守共に全員が一球に集中して役割を全うし、最高の結果で締めくくりたい。

モーニング野球

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]