真室川音頭、人気だよ! 動画公開1年たたず、再生2万回超

2021/8/15 12:03
昨年12月に公開した真室川音頭の唄と踊りの動画。1年たたずに再生2万回を超えた=真室川町役場

 真室川町の真室川音頭全国大会実行委員会が昨年、動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開した唄と踊りの動画が人気を博している。投稿から1年たたずに、再生回数2万回を超えた。実行委事務局は反響の大きさに驚きつつ、「新型コロナウイルスの影響で帰省がためらわれる状況の中、動画を見て古里を思い出してほしい」と話している。

 うたい手日本一を決める全国大会は昨年、新型コロナの影響で中止となり、踊りを披露するイベントも開催されなかったため、文化継承を目的に実行委が動画を制作、昨年12月1日に公開した。3分ほどの内容で、全国大会第18回チャンピオンの佐藤麻衣さん(新庄市)が伸びやかな声を響かせる中、踊り手の実行委メンバーが優雅な手さばきを披露している。

 実行委事務局によると、動画は日々100~200回ほどでコンスタントに再生されている。コメント欄には「地元の音頭が聞けてうれしい」といった書き込みや、「子どもの頃からうたっていてとても大好き」などの声が寄せられている。

 町がユーチューブで公開している動画で数万回以上見られているものはほとんどなく、同実行委は「ここまで再生回数が伸びるとは思っていなかった」と話す。真室川音頭は演歌歌手の故三橋美智也さんがレコードを出すなど、全国的な知名度があり、「高齢者らが真室川音頭と検索して見ているのでは」と推察しており、唄や踊りの練習で視聴されているとも考えられるという。

 昨年同様、今年も全国大会の中止が決定している。釼持順子大会実行委員長は「音頭は町の誇り。いい文化だと再確認した。後世に残すためにも新型コロナ収束後に大会を開きたい」と思いを新たにしていた。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]