遊佐町役場新庁舎、完成を祝い竣工式 30日に開庁

2021/8/9 12:31
竣工式が行われた遊佐町役場新庁舎=同町遊佐

 遊佐町役場新庁舎の竣工(しゅんこう)式が8日、同町遊佐の現地で行われた。今後、現庁舎からの引っ越し作業を進め、30日に開庁式を行い新庁舎での業務を始める。

 新庁舎は鳥海山などの景観に配慮した鉄骨平屋で延べ床面積2744平方メートル、敷地面積8344平方メートル。議場などに町産の杉材を使用し、ぬくもりのある内部に仕上げた。現庁舎は本年度内に解体し、跡地に駐車場を整備する。本体と外構の工事費は計16億7364万円。新庁舎の愛称は公募により、遊佐町の「遊」とフランス語で役所を意味する「メリ」を組み合わせた「遊メリ(ゆめり)」に決まった。

 修祓(しゅうばつ)式に続き行われた竣工式には関係者約70人が出席した。鳥海太鼓保存会が完成を祝って演奏した後、テープカットを行った時田博機町長は「町民と共に歩み、新しい拠点として長く愛される庁舎で日々の業務に一層励んでいく」とあいさつ。式終了後は出席者や町民が庁舎内を見学した。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]