雪若丸レシピコンテスト、受賞作を商品に 「豚バラねぎ塩レモン丼」を発売

2021/8/5 20:29
商品化された「豚バラねぎ塩レモン丼」のレシピを考案した早坂莉乃さん=山形市・コープしろにし

 県産ブランド米「雪若丸」を使った「どんぶりレシピコンテスト」で最優秀賞に輝いたレシピを基に、生活協同組合共立社(鶴岡市)が5日、「豚バラねぎ塩レモン丼」を期間限定で発売した。県内全10店舗で取り扱い、期間は22日まで(16~18日、20~21日を除く)。

 コンテストはJAグループ山形が初めて企画し、共立社も審査に加わった。書類審査の際に受賞レシピの商品化を提案し、実現した。「豚バラ-」はレモンの酸味が効いた味付けで、肉は県産ブランド豚「米の娘ぶた」を使い、レシピを再現した。

 この日は山形市のコープしろにしで、考案した山形学院高3年の早坂莉乃さん(17)が来店客にPR。「商品になり、とてもうれしい。夏バテ防止にお薦めしたい」と話した。

 1個429円。第2弾として、香味野菜たっぷりかき揚げ丼を26日から期間限定で販売する。共立社の担当者は「地産地消を心掛けて作っている。最終審査に残った計6品の商品化を予定している」としている。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]