おしどりミルクケーキにぶどう味 日本製乳、JAと連携し開発

2021/8/4 21:41
新発売する「おしどりミルクケーキ ぶどう」

 日本製乳(高畠町、高杉裕之社長)は、JA山形おきたま(若林英毅組合長)と連携し、置賜産デラウェアを使用した「おしどりミルクケーキ」のぶどう味を開発し、4日、川西町の同JA本店で新商品の完成を報告した。10日から県内観光施設で販売し、10月には全国の量販店に拡大する。

 置賜産デラウェアのブランド力向上を目指すJAが新製品の開発を提案した。材料は全て置賜産で、牛乳を使ったおなじみの味に、甘酸っぱいぶどう果汁がマッチするよう絶妙な加減を追い求め、3年かけて完成させた。

 若林組合長は「デラウェア生産日本一の置賜を一層PRできる商品になると期待している」とあいさつ。高杉社長は「なぜ今まで無かったのかと不思議に思うくらいの素晴らしい組み合わせ。地元の味を最大限生かした商品として強く推していきたい」と話した。1袋7本入りで希望小売価格は216円。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]