盤上熱戦、県勢は敗退 天童で全国中学生選抜将棋開幕

2021/8/4 10:21
全国の中学生が棋力を競った全国中学生選抜将棋選手権大会=天童市・滝の湯

 第42回全国中学生選抜将棋選手権大会が3日、天童市の滝の湯で開幕した。県勢の5人はいずれも予選リーグ、決勝トーナメントで敗れた。最終日の4日は決勝、3位決定戦を行う。

 全国から男子51人、女子45人が出場。県勢は清野達嗣さん(陵南3年)、安在康平さん(鶴岡一3年)、菅野元杜さん(東桜学館3年)、八島仁乃さん(米沢一1年)、黒沼智翔さん(東根一3年)がエントリーした。このうち清野さんが予選リーグを2勝して突破したものの、決勝トーナメント第1戦で敗れた。

 開会式では、山本信治天童市長、佐藤康光日本将棋連盟会長、赤塚弘行天童青年会議所理事長が主催者あいさつ。大会名誉総裁の寛仁親王長女彬子さまが映像によるメッセージを届けた。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]