2年高橋(山形商)収穫の6位 北信越インターハイ・女子100障害

2021/8/2 12:34
〈陸上女子100メートル障害決勝〉自己ベストの13秒75で6位に入った高橋亜珠(山形商)=福井県営陸上競技場

 全国高校総合体育大会(インターハイ)第8日は1日、福井県営陸上競技場などで行われ、県勢は陸上女子100メートル障害の高橋亜珠(山形商)が13秒75をマークして6位入賞を果たした。同1600メートルリレーは山形中央(柏倉うみ、赤坂美玲、竹田彩花、赤坂美結)が3分47秒98で7位に入った。

修正力光り自己ベスト

 スタートから加速し、最後までスピードが落ちなかった。陸上女子100メートル障害の高橋亜珠(山形商)は13秒75の自己ベストで6位入賞。初の全国大会を終えた2年生は「自分の走りができた。来年はメダルを取りたい」とうれしそうに語った。

 決勝のレース前に、「細かい点を気にしすぎず、力を出し切ろう」と普段行っている動きのイメージトレーニングを省略した。準決勝ではリード足(右)の動きを修正して13秒80。決勝も「(いい形で)そのまま走れた」とタイムを縮めた。

 緊張しやすい性格で、大会前は「自分はどこまでいけるんだろう」と不安も感じていたという。だが仲間たちの「出られるだけでもすごいんだよ」という言葉に支えられた。気負わずに臨み、実力を出し切った。

〈陸上女子1600メートルリレー決勝〉7位に入った山形中央の(右下から時計回りに)柏倉うみ、赤坂美玲、赤坂美結、竹田彩花

 ナイジェリア出身の父を持つ。171センチの身長と長い手足を生かした無理のないハードリングが武器だ。一方で素早い着地や、股関節の柔軟性を課題と考えている。「13秒台を安定して出せるように練習したい」と着実な成長を誓った。

山形中央出し切り7位・女子1600リレー

 ○…陸上女子1600メートルリレーは山形中央が3分47秒98で7位。入賞を果たした4人は「全員が力を出し切れた」と喜び合った。

 準決勝を好タイムで通過した山中央は、決勝も理想の展開に持ち込んだ。1走柏倉うみ、2走赤坂美玲の2年生がつくったリードを、3走竹田彩花、4走赤坂美結の1年生が守った。竹田はチームメートの負傷で3日前に抜てきされたばかり。「前の選手に離されないように」と必死で食らい付いた。

 「練習から楽しく、気負わず走ろうと話していた」と声をそろえる。のびのびと力を出し切った1、2年生は「うれしいけど悔しさもある。来年は優勝したい」と大きな目標を掲げた。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]