けん玉クッキー、いかが 長井の風林堂、「市技」形に新発売

2021/8/1 12:08
風林堂が発売した、長井市の市技「けん玉」をかたどったクッキー

 和菓子など製造販売の風林堂(長井市、鈴木英明代表)は、昨年9月に同市の「市技」と定められたけん玉をかたどったクッキーを新発売した。

 県産米「はえぬき」の米粉と菅野農園(同市)の鶏卵を使用した。コメの風味が出るようにと米粉と小麦粉のバランスを工夫したという。大きさは縦7センチ、横5センチで、玉の部分をピンクに着色したかわいらしいデザイン。同市で開催されている「けん玉ペインティングコンテスト」にちなみ、絵などを描けるようにペン型のチョコを添えた。

 価格は1箱(18個入り)1450円。鈴木代表は「以前から1商品当たりの個数が多いものを販売したかった」と話す。国のものづくり補助金を活用して昨年暮れに導入した機械で作業効率が向上し、同店初のクッキーという形で実現した。

 同市本町1丁目の同店のほか道の駅「川のみなと長井」で取り扱う。同店0238(88)2373。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]