知事「県境越え、慎重判断を」 新型コロナ・新規感染2桁で県民に要請

2021/7/30 09:07

[PR]
 県内の新規感染者数が19日ぶりに2桁台となったことを受け、吉村美栄子知事は29日、県庁で臨時会見を開き、今月に入って首都圏や関西圏との往来に起因する感染が目立つとし、両圏域を含め、県境を越える往来について慎重な判断を求めた。

 県によると、今月の新規感染者数99人のうち、65歳以上の割合が全体の4%なのに対し、40代が28%、20代が20%となってる。感染力が強いとされる変異株「L452R」の県内確認が4例あり、県は「県内感染拡大の兆し」との危機感を抱いている。

 吉村知事は、全国的な感染拡大傾向に触れ「本県も例外ではない」とし▽感染リスクが身の回りにあるとの意識の下、基本的な感染抑止策の徹底▽首都圏、関西圏を含む、県境をまたぐ往来に関する慎重な判断―の2点を県民に求めた。

往来自粛要請地域を11都道府県に拡大

 県は29日、新型コロナウイルスの全国的な感染急増を受け、県民への依頼内容を見直した。不要不急の往来自粛を求める地域を拡大し、緊急事態宣言・まん延防止等重点措置の6都府県のほか、直近1週間の10万人当たり新規感染者数が15人以上の5道府県を加えた。

 引き続き往来自粛を求めているのは東京、沖縄、埼玉、千葉、神奈川、大阪で来月22日まで。北海道、茨城、石川、京都、福岡を追加し、テレワークやオンラインの活用などを求める。夏休みやお盆期間を控え、旅行や帰省などについても慎重な判断を呼び掛けている。

県の大規模接種、40分で予約満了

 県は29日、県民を対象に県庁で来月から行う新型コロナウイルスワクチンの大規模接種に関し、同日午前9時から専用のホームページ(HP)で予約を受け付け、40分で予定した約6千人分に達したと発表した。追加の予約枠は設けない。

 専用HPには無料通信アプリLINE(ライン)、QRコード、URLから入れるようにし午前9時40分で6048人となり終了した。県は「できるだけ早く接種したいという県民の強い思いの表れ」と受け止めた。

 県による大規模接種は米ファイザー製のワクチンを使用し、対象は12~64歳。接種間隔は3週間。8月7日から9月26日に実施する。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]