来月後半分を4市に配分 ワクチン調整枠、県方針決定

2021/7/29 08:54
米製薬大手ファイザー製の新型コロナワクチン(ゲッティ=共同)

 県は28日、新型コロナウイルスワクチンの市町村の接種状況に応じて傾斜配分する「調整枠」に関し、第12クール(8月後半)の調整枠分11箱(約1万3千回分)を鶴岡、東根、天童、酒田の4市に配分する方針を決めた。第11クール(8月前半)に引き続き、他市町村と比べて配分割合が低い4市に配分する。

 政府は米ファイザー製のワクチンに関し、8月の配送分を都道府県の裁量で市町村に配分できるようにした。県内の第12クールの調整枠分は政府から26日夜に県に示され、県は鶴岡市4箱、酒田市3箱、天童、東根両市に各2箱それぞれ配分することを決めた。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]