3人からデルタ株検出か 県内の新型コロナ、27日は新規感染6人

2021/7/28 07:30

[PR]
 県は27日、新たに20代から80代までの男女6人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。3日ぶりの感染公表で、累計感染者は2098人となった。また、これまでの感染者3人からインド由来の「デルタ株」の可能性がある変異株「L452R」を検出したと明らかにした。

 県によると、新規感染者の内訳は▽寒河江市の80代女性と20代女性▽酒田市の50代男性▽東根市の20代女性▽長井市の20代男性▽大江町の50代女性。

 酒田市の50代男性は団体職員で、発症前2週間以内に首都圏に住む知人と私用で県外を訪れていた。知人の感染が分かり、濃厚接触者と特定されて感染が判明した。東根市の20代女性は無職で、発症前2週間以内に首都圏を私用で訪れていた。長井市の20代男性は公務員だが、市民と直接接する機会はないという。

 県と山形市によると、変異株「L452R」が検出された人のうち、同市の2人はそれぞれ7月中、下旬に発症。同市以外の1人の発症時期は今月中という。いずれも不特定多数の人と接触はないという。県衛生研究所の検査で見つかり、今後、同研究所で感染力が強いデルタ株かどうか確定させる。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]