天童、東根の福祉施設が“お中元”コラボ コーヒーとスイーツをセットに

2021/7/27 11:30
天童ひまわり園と大けやきの家のコラボ商品=天童市

 天童市の障害福祉サービス事業所「天童ひまわり園」と東根市の多機能型支援センター「大けやきの家」は、それぞれで作っているドリップコーヒーとアーモンドチュイールをコラボレーションさせ、セット商品として販売を始めた。コロナ禍で販路拡大に苦しむ中、お中元商戦に合わせて企画し、施設利用者の収入安定につなげたい考え。

 福祉施設では毎年開くバザーが、販売増加や取引のきっかけとなる。だがコロナ禍で開催できていないという。両施設は状況を打開しようと、テストケースとして初めて手を組んだ。天童ひまわり園は利用者が作業に携わって、自家焙煎(ばいせん)したドリップコーヒーを販売している。厳選した生のコーヒー豆を使い、豊かな香りが人気となっている。一方の大けやきの家は、利用者が作った菓子を工房で販売。スライスアーモンドを重ねたクッキーのアーモンドチュイールは絶品スイーツとして好評を得ている。

 今回は両者の抜群な味の相性を生かした。Aセット(760円)はチュイール3種3枚とドリップコーヒー1種5杯、Bセット(1600円)はギフト箱にチュイール3種6枚とドリップコーヒー2種10杯。お中元としての注文は30日まで。問い合わせは天童ひまわり園023(654)6560、大けやきの家0237(53)9111。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]