リナワールドに新たな楽しみ カヤックとアクアチューブ体験

2021/7/27 10:33
リナワールドでは屋外プールを活用しカヤックが楽しめる=上山市

 上山市の遊園地「リナワールド」(土門義浩社長)は夏の体験アトラクションとして、カヤックとアクアチューブの「ウオーターアドベンチャー」を導入した。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、営業中止とした屋外プールを活用し、利用者を楽しませている。

 リナワールドは例年、7月中旬に屋外プールの営業を開始。全長約120メートルの流水プールやチューブスライダーなどがあり、人気を集めている。しかし新型コロナの影響で昨年に続き今年も営業中止に。一方で少しでも水に触れ楽しむ機会を設けようと、カヤックのほか、直径2メートルのチューブに入って水の上を転がることができるアクアチューブを用意した。

 カヤックは1人乗り(1回400円)と2人乗り(同600円)を用意。1人乗りは小学3年生以上、2人乗りは3歳以上(中学生以上の付き添いが必要)が利用できる。アクアチューブは3歳以上が体験でき、料金は1人300円。いずれもフリーパスが利用できる。大津健太郎営業部企画販売促進課次長は「二つのアトラクションとも家族や親子で一緒に体験できるので、多くの人に利用してもらい、楽しい夏の思い出をつくってほしい」と話している。問い合わせはリナワールド023(672)1614。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]