松坂(天童四)、県中学新V 県中学総体・競泳

2021/7/26 09:56
〈競泳女子200メートルバタフライ〉県中学記録を更新する2分15秒71で優勝した松坂星夏(天童四)=米沢市営プール

 第61回県中学校総合体育大会は25日、各地で12競技が行われ、競泳は女子200メートルバタフライの松坂星夏(天童四)が2分15秒71の県中学新記録で優勝した。同400メートル個人メドレーは長岡海涼(山形五)が4分56秒72の大会新記録で制した。

 バスケットボールの男子決勝は酒田六が上山北に66―44で勝ち、頂点に立った。

負けず嫌い、努力が結実-女子200バタ・13年ぶり

 飽くなき向上心が強みだ。女子200メートルバタフライの松坂星夏(天童四3年)は2分15秒71の圧倒的な強さを見せ、13年ぶりに県中学記録を塗り替えて優勝した。それでも「前半はスピードに乗れなかった。(2分)14秒台で泳ぎたかった」。レース後半のペースには手応えを示しつつ、最後の全国中学校体育大会に向けて修正を誓った。

 中学1年で同大会同種目を制したが、2年時はタイムが伸びず苦しんだ。この日、400メートル個人メドレーで大会新記録をマークした長岡海涼(山形五2年)は同じコーチの下で練習しており、隣で泳ぐことも多い。2年生当時は「年下なのに負けちゃう。頑張っているのに」と後輩の存在に自分を見失いそうになることもあったが、腐らずに練習し、今回の泳ぎにつなげた。

 「きつくても前向きに練習に取り組める」と自身を分析する。勝利への思いは強く、悔しさを力に変えて成長を続ける。「競ったら負けたくない。全中で優勝する」と力強く言いきった。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]