輝く大輪に笑顔 天童で「ひまわり迷路」見頃

2021/7/25 20:45
咲き誇るヒマワリが来場者を楽しませている=天童市

 約2万5千本が咲き誇る天童市の「ひまわり迷路」が見頃を迎えており、太陽に向かって咲いた黄色の大輪が来場者を楽しませている。

 迷路は国道13号に面したカワチ薬品天童店の向かい側にあり、壮観な花畑はドライバーの目を引く。地元干布地区の有志でつくる「干布地域づくり委員会・産業経済小委員会」(近野和弘委員長)が遊休農地を活用して栽培した。広さは50アールで、迷路の全長は約250メートルに及ぶ。訪れた人たちはヒマワリを背にして写真を撮るなどして楽しんでいた。鶴岡市岡山の保育教諭、那須萌さん(21)は「天気が良く、青空に映えるヒマワリはとてもきれいだった」と笑顔を見せていた。

 「ひまわり迷路」の取り組みは21年目を迎える。天童市の干布小と交流する東京・四谷小の児童を歓迎する目的で始まった。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]