舟形でクマ目撃

2021/7/24 11:24
ツキノワグマ(資料写真)

 23日午後4時15分ごろ、舟形町舟形の国道13号でクマ1頭を目撃したと、車で通り掛かった30代女性が新庄署に届け出た。

 同署によるとクマは体長約1メートルで、国道を横切っていった。現場はJR南新庄駅の南約900メートル。

大江・県立朝日学園近くでも

 23日午前6時20分ごろ、大江町藤田の県立朝日学園北側沿いの道路でクマ1頭を目撃したと、車で通り掛かった30代男性が寒河江署に届け出た。

 同署によると、クマは体長約80センチで、道路を北から南へ横断し、同学園の方向へ向かって行った。同署は現場付近をパトカーで警戒した。

空き家の壁壊される・小国、クマか

 23日午前9時40分ごろ、小国町黒沢で空き家の壁が壊されているのを、以前に住んでいた男性(43)が見つけた。クマによる被害とみられる。

 小国署によると、空き家は男性の自宅敷地内にあり、木造2階建て。男性が屋根近くの外壁の一部が剥ぎ取られているのに気付き、内部にミツバチの巣を確認した。連絡を受けた地元猟友会が壁や近くの木にクマの爪痕のようなものを発見した。同署はクマがハチの巣を目当てに木を登り壁を壊したとみている。付近は民家が点在している。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]