県産米はえぬき贈ろう 県などキャンペーン、県外送料補助9月15日まで

2021/7/24 11:05

[PR]
 県などでつくる山形「つや姫」「雪若丸」ブランド化戦略推進本部は、県産米「はえぬき」の消費拡大を狙い「山形米●(マイハート)贈ろうキャンペーン」を始めた。お中元などで県外に発送する際に送料の一部を補助する。業務用で多く使われる「はえぬき」は新型コロナウイルスの感染拡大で苦しい販売状況に置かれており、運動を通じて生産者を応援する。9月15日まで。

 期間中にキャンペーンの対象店で県産「はえぬき」(2キロ以上)を含む県産米を購入し県外に送る場合、配送先1件につき送料500円を同推進本部が負担する。対象店は現在約150店舗あり、今月末まで参加を受け付けている。対象店舗は同推進本部のホームページから確認できる。

 「はえぬき」は本県の作付面積の6割を占め、主力品種に位置付けられる。日本穀物検定協会の2020年産米食味ランキングでは5年ぶりに最上級の特Aを獲得。回転ずしチェーン大手の「かっぱ寿司(ずし)」が全国各店で全てのコメを「はえぬき」に切り替えるなど、全国的に評価は高い。

 多くが業務用に出荷されており、コンビニのおにぎりや弁当、回転ずしといった外食に使用される。ただ現在は新型コロナに伴う外食需要の減少で業務用米を中心に消費が落ち込んでおり、「はえぬき」もあおりを受けて苦戦しているという。販売促進や消費拡大を図るため、お中元商戦や9月の新米の時期に合わせてキャンペーンを企画した。

 吉村美栄子知事は21日の記者会見で「県外に住む家族や親戚、友人など大切な人たちにおいしい県産米を送り、消費拡大に協力してほしい」と呼び掛けた。

 対象店の中には独自の取り組みで送料負担をさらに軽減したり、実施期間が異なったりする場合があるため、詳細については各店舗への問い合わせを推奨している。キャンペーン内容に関する問い合わせはシー・キャド内の送料支援事業事務局023(664)2400。

●…ハートマーク

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]