DF栗山、期限付きで愛媛へ モンテ、樺山の加入発表

2021/7/23 12:45

[PR]
 サッカーJ2・モンテディオ山形は22日、DF栗山直樹(30)がJ2愛媛に期限付き移籍し、J1横浜MのMF樺山(かばやま)諒乃介(18)が育成型期限付き移籍で加入すると発表した。ともに期間は来年1月末まで。

 静岡県出身の栗山はJ2千葉などを経て、2016年に加入した。18年に主力の座をつかむと、19年にはリーグ戦40試合に出場。競り合いの強さとリーダーシップを強みに、5季ぶりのJ1参入プレーオフ進出に貢献した。昨季途中に大けがを負い、今季は同4試合の出場にとどまった。契約上、山形との公式戦に出場できない。クラブを通じ「僕の中でモンテディオ山形というクラブは特別なクラブ。またいつか山形の力になれるように頑張ってきたいと思う」などとコメントした。

 一方の樺山は大阪府出身。21年に地元の興国高から横浜Mに入団した。リーグ開幕戦で先発入りしデビューを果たした。切れのあるドリブル突破が持ち味。身長171センチ、体重68キロ。利き足は右。背番号は35に決まった。クラブを通じ「J1昇格、J2優勝に向けてピッチで目に見える結果を残せるように全力で頑張る」とコメントした。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]