16チーム、混戦が予想 県中学野球、あす24日開幕

2021/7/23 09:53

[PR]
 山形新聞、山形放送の「若鷲旗」を懸けた第74回県中学校野球大会兼第61回県中学校総合体育大会軟式野球競技は24日から3日間の日程で、天童市スポーツセンター野球場と県総合運動公園野球場で行われる。県内11地区を勝ち抜いた16チームが出場する。上位校の実力に大きな差はなく、混戦が見込まれる。

 優勝候補の筆頭は酒田三。エース高橋由紀斗、捕手礒野凛太瀧はともに県選抜選手でチームの核だ。地区大会では6月の全日本少年軟式野球大会県予選会を制した酒田四、準優勝の酒田一を破った。

 天童一は小野村駆流がスピードのある直球を武器にチームをけん引。打線は長打力があり、投打がかみ合えば優勝も見えてくる。米沢四は好投手の玉虫輝来を中心に粘り強く頂点を狙う。山形四は機動力と堅守が持ち味で、足を絡めた攻撃で得点を重ねる。

 今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、開会式は行わない。競技がスタートする24日は1回戦8試合、25日は準々決勝4試合と準決勝2試合、26日は決勝を行う予定。上位2校が8月6、7日に岩手県で開かれる東北大会の出場権を得る。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]