県内、5日連続猛暑日 6地点、7月では最長タイ

2021/7/22 13:41
5日連続の猛暑日となった山形市。ぎらつく太陽の下、日傘を差す人も=21日午後0時7分、同市七日町1丁目

 22日は「大暑」。二十四節気の一つで一年のうち暑さが最も厳しくなる頃とされる。前日21日の県内は高気圧に覆われて気温がぐんぐん上昇。最高気温は山形が36.9度、米沢は36.2度、東根と新庄35.9度、金山35.7度、高畠35.3度で、6地点とも5日連続の猛暑日となった。

 山形地方気象台によると山形、米沢、東根、金山の4地点は同日、今季最高気温を記録し、山形は全国ランキング(気象庁)1位の山梨県甲州市(37.7度)に次いで2位。県内の7月の猛暑日連続記録は山形市の1929(昭和4)年7月13~17日の5日間で、6地点はこれに並んだ。

 山形市内は朝から太陽がぎらつき、うだるような熱に覆われた。中心部では日傘を差す人も目立ち、日陰で休んだり、水分補給したりする人も多かった。

 22日の県内の予想最高気温は村山地方が34度、置賜と最上は33度、庄内32度で厳しい暑さが続く見込み。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]