県内、猛暑日いつまで

2021/7/20 07:42
蔵王温泉も厳しい暑さだったが沢水は冷蔵庫で冷やしたように冷たかった=蔵王ライン・樹氷の泉

 高気圧に覆われ続けている県内は、19日も全域で強い日差しが注ぎ気温が上がった。最高気温が35度を超える猛暑日となった所も複数あり、息苦しいような暑さだった。

 山形地方気象台の22の観測点のうち、午後4時までの観測値で最も高かったのは山形の36.5度。ほかに新庄36度、米沢35.9度など10地点が猛暑日となった。3日連続で猛暑日となったのは山形、新庄、米沢、金山、最上町向町、高畠、村山、東根の8地点だった。尾花沢と真室川町差首鍋も2日連続の猛暑日となり、16日の梅雨明けから厳しい暑さが続いている。

 山形市内の気温は午前10時前に30度を超えた。山形市の蔵王温泉と上山市を結ぶ蔵王ラインの湧水・樹氷の泉には、水をくんだり流れ落ちる沢水に触れたりする人が立ち寄っていた。冷蔵庫で冷やしたような温度の水に「雪解け水だから冷たいのだろうね」と涼を感じていた。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]