庄内町長選、現新の一騎打ちか 13日告示

2021/7/11 11:51
庄内町役場(資料写真)

 任期満了に伴う庄内町長選は13日に告示(18日投開票)される。立候補を予定しているのは現職で5選を目指す原田真樹氏(68)=廿六木=と、元町議で議長を務めた新人富樫透氏(58)=沢新田=の2人。現新一騎打ちとなる見通しだ。

 原田氏は「日本一住みやすく住み続けたい町」を掲げ、地域活動への女性役員登用、企業のリモートワークへの支援を訴える。

 富樫氏は「笑顔と活力あふれるまちに」をスローガンに現町政からの転換を目指す。特産品の開発や企業誘致の推進を打ち出す。

 同日程で行われる町議補選には新人の会社役員門脇道也氏(60)=沢新田=が出馬の意思を示している。

 6月1日現在の有権者数は1万7774人(男8508人、女9266人)。

庄内町長選立候補予定者(敬称略)

原田真樹(はらだ・まき)68 無現

(1)町長(2)早稲田大(3)余目町議、余目町長、県町村会顧問。当4

 

富樫透(とがし・とおる)58 無新

(1)農業(2)東京農業大(3)余目町議、庄内町議会議長。

((1)職業(2)最終学歴(3)主な経歴、当選回数)

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]