コロナワクチン、県の職域接種始まる 9日は県庁で、職員や警察対象

2021/7/10 10:19
新型コロナウイルスワクチンの県の職域接種が始まった=県庁

 新型コロナウイルスワクチンの県の職域接種が9日、県庁で始まった。本庁と県議会、県警察など約4千人が対象で、1回目の接種は8月上旬までに完了し、2回目は8月上旬~9月上旬に予定している。

 県の職域接種は(1)県庁(2)庄内総合支庁(3)置賜総合支庁―の3会場に分けて計約6300人を計画。(1)の対象者約4千人のうち1800人分のワクチンが既に配分されている。

 大滝洋総務部長は、市町村の接種計画の調整や災害対応などを念頭に「県の仕事を止めるわけにはいかない。(職域接種の実施で)県内の接種が円滑に進むようさらに取り組んでほしい」と話した。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]