白鷹で遭難の男性を捜索、発見に至らず

2021/7/4 22:10
捜索方針などを検討する町消防団員ら=4日午前6時15分、白鷹町・蚕桑地区コミュニティセンター

 3日に白鷹町の小実淵山(こさねぶちやま)に入山し遭難した同町荒砥乙、アルバイト横山孝吉さん(74)の捜索が4日、行われたが、午後3時ごろ天候不良のためこの日の活動が打ち切られ、発見には至らなかった。5日午前6時ごろ、活動を再開する。

 長井署や町などによると、4日午前6時ごろ、町消防団員や西置賜行政組合消防本部の消防隊員、署員ら計約60人が同町の蚕桑地区コミュニティセンターで捜索方針を決定後、同7時ごろ入山。横山さんの携帯電話の衛星利用測位システム(GPS)による居場所の特定を行い周辺を探したが、見つからなかった。

 同7時半ごろには県消防防災ヘリ「もがみ」も出動したものの、悪天候のため30分程度で活動を終了した。同10時までできた携帯電話の通話によると、大きなけがはないという。5日は50人ほどで捜索を行う。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]