集団接種週4回、1日最大2250人に 酒田市、8月から

2021/6/29 08:13
酒田市役所(資料写真)

 酒田市は28日、64歳以下の市民を対象とした新型コロナウイルスワクチン集団接種について、8月から週4回、1日最大2250人に接種可能な体制を整えて実施すると発表した。11月末までに希望者全員への接種完了を目指す。

 集団接種は平田農村環境改善センターで毎週水、木曜の午後と土、日曜の午前・午後に実施する。酒田地区医師会十全堂と日本海総合病院の医師、看護師25人ほどが対応するほか、9月以降は同地区歯科医師会の歯科医も協力する。

 一方、市内の46医療機関では、各医療機関をかかりつけとする市民と並行し、市が優先接種対象職種と位置付ける障害福祉サービス従事者や保育士、養護教諭などへの接種を進める。

 市は来月2日、16~64歳の約4万8500人に対して接種券を一斉送付する。同9日に60~64歳の集団接種予約を開始し、ワクチン供給状況に応じて順次受け付けを拡大する。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]