国道112号沿いにバス停「湯殿山口」新設 庄内交通と山交バス、7~10月まで

2021/6/23 10:59

[PR]
 庄内交通(鶴岡市)と山交バス(山形市)は22日、高速バス酒田・鶴岡―山形線について、鶴岡市田麦俣の国道112号沿いにバス停留所「湯殿山口」を期間限定で新設すると発表した。今年は12年に1度の出羽三山丑歳(うしどし)御縁年に当たることから、湯殿山神社を訪れる観光客の利便性向上を図る。設置期間は7月1日~10月31日。

 高速バスは両社共同で1日8往復計16本を運行している。このうち3往復計6本が湯殿山口に停車する。山形行きの便は十座沢橋手前の駐車帯に、酒田・鶴岡行きの便は「山の売店六十里」の駐車場内に、それぞれ停留所を設ける。県と県警、国道事務所やバス事業者などによる県地域公共交通活性化協議会での協議、調整により実現した。

 期間中は、湯殿山参籠所前と同バス停間で無料送迎も行われる。湯殿山口の乗降客が対象で定員は6人。利用前日の午後1時まで予約が必要。問い合わせは庄内交通鶴岡営業所0235(22)2608。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]