ワクチン職域接種、県内企業・団体11件が申請

2021/6/22 13:11
米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチン

 新型コロナウイルスワクチンの職域接種に関し、県内では21日午後3時現在、企業・団体などから国への申請が11件に上っている。対象は約2万1千人。県によると県内の職域接種は来月上旬に始まる見通し。

 県新型コロナワクチン接種総合企画課によると、県内の申請件数11件のち8件が既に受理された。申請団体は公表されていないが、旅館従業員ら約1200人の接種を目指す天童温泉協同組合(天童市)、約1500人への接種を想定している山形銀行などが含まれているという。

 受理された場合、企業・団体はワクチンや保管用の冷凍庫、注射器などを受け取り、接種に関する名簿管理などの事務作業も新たに加わる。ワクチンの打ち手や問診を担う医師と看護師の確保が課題となっている中で、今後も申請件数が増えることが見込まれる。

 同課は「円滑に接種事業を進めるため、最寄りの市町村などと事前の調整を進めた上で申請するのが望ましい」としている。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]