蔵王巡礼トレッキングで御朱印集め 来月から、リフトや露天風呂の割り引きも

2021/6/22 10:35
蔵王連峰に鎮座する三大神一宮を巡るトレッキングのオリジナル御朱印帳

 蔵王温泉観光(山形市、岡崎弥平治社長)は蔵王の新たな観光商品として、蔵王連峰にある神社など5カ所を巡る「蔵王三大神一宮を巡る御朱印巡礼トレッキング」を7月1日から始める。専用の御朱印帳を販売し、蔵王の雄大な自然を満喫してもらう。御朱印帳購入者にはロープウエー料金割引など特典がある。

 巡るのは▽蔵王山神社▽酢川温泉神社▽蔵王大権現▽蔵王大黒天▽蔵王地蔵尊。それぞれに御朱印を置き、訪れた人にオリジナル御朱印帳に押してもらう。御朱印帳は500円で蔵王ロープウェイ蔵王山麓駅、蔵王中央ロープウェイ温泉駅で販売。ロープウエーやリフト、大露天風呂、スーパースライダーの利用料金割引など販売価格以上の特典がある。蔵王索道協会の協力を得て展開する。

 蔵王山は古くから山岳信仰の地で、温泉地、スキー場として世界的に有名。冬のスキー客以外に、春から秋も新緑や紅葉を楽しみに多くのトレッキング客が訪れる。季節ごとに多彩な表情を見せる壮大な自然や歴史をより多くの人に体験してもらおうと企画。リピーター獲得も狙う。

 同協会会員向けの説明会が21日、蔵王温泉で開かれ、岡崎社長は「アフターコロナは観光客の動向が変わり、こうした個人型観光が好まれる。御朱印帳を持った多くの人が訪れるようにしたい」と話した。

 冬季にスノーシューやスノーハイクで蔵王を巡り、樹氷鑑賞などを楽しむ企画も検討中。このほか大露天風呂は9月26日までの金土日曜(7月30日~8月22日は毎日)、「星空大露天風呂」と題し夜間にカンテラをともして入浴を楽しむ企画を展開。営業時間を午後9時(最終受け付け午後8時半)まで延長している。

 御朱印巡礼トレッキングの問い合わせは蔵王温泉観光023(694)9417。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]