青色に染めて、機運盛り上げ 「世界難民の日」、酒田・木造六角灯台も

2021/6/21 12:37
「世界難民の日」に合わせて青く照らされた木造六角灯台=20日午後7時22分、酒田市・日和山公園

 国連が定める「世界難民の日」(6月20日)に合わせ、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の駐日事務所などは20日、全国約20カ所でブルーライトアップを行った。本県では酒田市の日和山公園にある木造六角灯台が青色に染まった。

 UNHCRは今年の世界難民の日のテーマに「誰一人取り残さない」を掲げている。同事務所のイメージカラーである青色に各地をライトアップすることで、難民を含む全ての人が平等にあらゆるサービスを受けられる社会を目指す機運を高めようと企画した。

 全国で塔や城などに明かりがともる中、日和山公園では日没に合わせてライトが点灯。辺りが暗闇に包まれるとともに、港町に青い木造六角灯台が浮かび上がった。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]