県内4市町でクマ目撃 山形・米沢・西川・庄内

2021/6/21 08:42
ツキノワグマ(資料写真)

 20日午後3時ごろ、米沢市万世町梓山でクマ1頭を目撃したと近くの60代男性が米沢署に届け出た。

 同署によると、クマは体長約1.5メートル。男性が帰宅した際、隣接する空き家敷地内の木に登っているのを発見した。クマは木から下り、やぶの中に去った。現場は笊篭橋から東に約600メートル。付近には民家が点在している。

 20日午後2時50分ごろ、庄内町狩川の最上川河川敷でクマ1頭を目撃したと、車で通り掛かった町内の50代男性が110番通報した。

 庄内署によると、クマは体長約1メートル。男性が最上川左岸の国土交通省管理道路を走行中、約50メートル先のやぶに入っていくのを見た。現場は最上川橋南端から南東に約1.2キロ。

 20日午後2時5分ごろ、山形市釈迦堂の馬見ケ崎川左岸河川敷でクマ1頭を目撃したと、ジョギングしていた市内の50代会社員男性が110番通報した。

 山形署によると、男性が河川敷を東に向かって走っていた際、5メートルほど先の木から下りてきた体長約1メートルのクマを見つけた。クマは国道286号に出た後、東に走り去った。現場は東沢小から西に約800メートル。

 20日午前6時50分ごろ、西川町海味で、散歩中だった町内の40代女性がクマ1頭を目撃し、寒河江署に届け出た。

 同署によると、クマの体長は約60センチ。女性が間沢橋を東に歩いていた際、約50~60メートル先を右から左に横切り、そのまま北側の国道112号方面に去ったという。現場は同橋の東端付近で、近くに集落がある。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]