一足早く紅花、見頃 河北・資料館のハウス

2021/6/19 09:57
最上紅花が露地物より早く、ハウスの中で見頃を迎えている=河北町・紅花資料館

 河北町の紅花資料館にある無加温ハウスで、最上紅花が見頃を迎えている。露地物より3週間ほど開花が早く、黄色やオレンジ色の鮮やかな花が一斉に咲き誇っている。

 町民有志でつくる「河北べに花会」(斎藤祐市代表)が観賞用として育てている。ハウス内には高さ1.5メートルほどの最上紅花がおよそ千本あり、夏と秋の年2回、時期をずらして開花するよう工夫している。総合的な学習の一環で同資料館を訪れた谷地中部小3年の安達ここなさん(8)は「黄色だけでなく、赤い紅花もあってきれいだった」と話した。

 見頃はこの週末まで。来月3、4日は同館を会場に「ベに花まつり」(両日午前9時~午後5時)が開かれ、露地物の鑑賞や紅花リース作りなどが楽しめる。問い合わせは町観光協会0237(72)3787。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]