着色や玉張り、申し分なく JAさがえ西村山など主催のサクランボ品評会

2021/6/18 23:02
「佐藤錦」の品質を競った品評会=寒河江市・アグリランド産直センター

 JAさがえ西村山とさがえ西村山さくらんぼ部会が主催するサクランボ品評会が18日、寒河江市のアグリランド産直センターで開かれ、西村山1市4町の生産者が手塩にかけた「佐藤錦」74点が出品された。

 1キロパック詰め、同裸詰め、500グラム化粧詰めの3部門で、県農業総合研究センター園芸農業研究所や同JAの関係者らが着色や玉張り、鮮度を確認した。今季は霜の被害があったが、審査委員長の長岡正三県村山総合支庁西村山農業技術普及課長は「出品されたサクランボは申し分ない仕上がりだ。消費者に喜んでもらえる品がそろった」と話していた。

 各部門の最優秀賞は、1キロパック詰めが柏倉吉美さん(柴橋)、同裸詰めが荒木健悦さん(西根)、500グラム化粧詰めが国井和希さん(同)。他の入賞者は次の通り。(敬称略)

 ◇1キロパック詰め ▽優秀賞一席=国井和希(西根)

 ◇同裸詰め ▽優秀賞一席=軽部力夫(西根)▽同二席=軽部秀和(三泉)▽同三席=小野高良(西根)▽同四席=芳賀弘明(同)▽同五席=芳賀祐介(同)▽同六席=斎藤茂史(同)

 ◇500グラム化粧詰め▽優秀賞一席=岡部洋介(三泉)▽同二席=菊地俊之(同)

 ◇最高糖度賞 小野佐恵子(西根)31.2度

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]