ワクチンの職域接種、国に申請へ 東北文教大運営の富沢学園

2021/6/15 10:21

 東北文教大などを運営する学校法人富沢学園(山形市)は、同大生や教職員ら約1200人を対象にしたワクチンの職域接種に向けて、近く国に申請する予定だ。最低限の医師と看護師は何とか確保したが、同大の阿部敏樹事務長は「余裕を持って対応するにはもう少し医療従事者が必要。人脈などを頼りに探している」と悩ましい状況を口にする。

 医師は産業医と学校医の2人から協力を得、看護師は教授陣のネットワークを生かして6人を確保した。薬剤師にも協力を求める予定だ。市医師会への依頼も検討したというが、「各医院での対応で多忙だろう」と断念した。会場については当初、体育館を想定していたが、暑さなどを考慮しエアコンのあるホールなどを使う予定。接種は7月半ばに始め、8月末までに2度目を終えたい考えで、近く対象者に接種希望調査を行う。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]