村上(白鷹出身)古里で抱負 B2山形復帰

2021/6/15 09:01
白鷹町役場を訪問し、古巣での活躍を誓った村上駿斗(山形南高出)

 バスケットボール男子・Bリーグ2部パスラボ山形ワイヴァンズに復帰する白鷹町出身の村上駿斗(山形南高出)が14日、町役場を訪れた。5季ぶりとなる地元チームでのプレーに向け「上のレベルを意識し、エネルギッシュかつコンスタントに活躍したい」と抱負を口にした。

 山形でプロのキャリアをスタートさせ、2017~18年シーズンから4シーズンをB2広島やB1滋賀などで過ごした。「特にディフェンス面で成長したと思う。相手の弱点を突く賢いプレーなど、トップ選手が実践するバスケットを勉強できた」と自己分析する。古巣への移籍は6月に入ってから急きょ決まったというが「SNS(会員制交流サイト)などを通じ、山形の人たちから温かいメッセージをもらっている」と気持ちを高ぶらせる。

 この日、佐藤誠七町長から「これまでの活躍も知っているし、期待が大きい」と激励を受け、表情を引き締めた村上。昨年6月に結婚した妻、今年3月に誕生した長男の存在も励みに、進化した姿をブースター(ファン)に届ける決意だ。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]