風、奏でる涼 南陽・熊野大社で祈願祭

2021/6/13 14:45
風鈴の音色に願いを託す縁結び祈願祭「かなで」が始まった=南陽市・熊野大社

 縁結びで知られる南陽市宮内の熊野大社で、風鈴の音色に良縁の思いを託す恒例の祈願祭「かなで」が行われている。カラフルな風鈴が約800個、風に揺れ、澄んだ音色が境内を「涼」で彩っている。

 日本人は古来より、音に心を寄せて祈りを捧げてきたという。「映える」撮影スポットとしても人気を集めているが、今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で、短冊に願いを書いて風鈴に結び付ける行事を取りやめた。

 今シーズンは既存の4色にピンクと金色が加わり、色彩は鮮やかに。宮城県から訪れた女性グループは、アーチ状に並んだ風鈴が揺れる情景と、重なり合う優しい音色に「すごい」「きれい」と歓声を上げていた。9月末まで。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]