庄内町長選、告示まで1ヵ月 現新2氏が出馬予定

2021/6/13 14:33
庄内町役場(資料写真)

 任期満了に伴う庄内町長選は7月13日の告示(18日投開票)まで1カ月に迫った。5選を目指す現職の原田真樹氏(68)=廿六木=と、元町議で議長を務めた新人の富樫透氏(58)=沢新田=の2人が立候補を予定しており、一騎打ちとなる公算が大きい。

 原田氏は4月に立候補を正式表明した。「コロナ禍の中で身を引く選択肢はなく、引き続き町を支えていく覚悟をもつ」と語った。近く公約を公表する。

 前回に続く挑戦となる富樫氏は2月に出馬を表明。今月6日に事務所開きをした。現町政からの転換を掲げ、企業誘致や特産品開発の必要性を訴える。

 2018年の町議選で立候補者が定数割れとなったことによる町議補選も同じ日程で行われるが、現段階で出馬の意思を明らかにしている人はいない。1日現在の有権者数は1万7774人(男8508人、女9266人)。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]