寒河江ダム目指し、自転車で駆け抜け ツール・ド・さくらんぼ「スペシャルデー」

2021/6/12 18:05
西川町の寒河江ダムを目指し、グリバーさがえをスタートする参加者=寒河江市島

 西村山を自転車で巡る「ツール・ド・さくらんぼ」の「スペシャルデー」と銘打ったイベントが12日、寒河江市のグリバーさがえから西川町の寒河江ダムを目指すルートで開かれた。県内外の愛好者約90人が初夏の爽やかな景色を眺めながら、ダム上などを駆け抜けた。

 今回のツール・ド・さくらんぼは期間を1カ月間設け、15カ所のスタンプスポットを自由に巡る形で約270人が参加している。スペシャルデーは100人以内に限定して実施した。

 参加者は思い思いのルートを自分のペースでツーリングした。寒河江市の慈恩寺テラスでは地元産秘伝豆を使った「翡翠(ひすい)しるこ」などが提供され、寒河江ダムでは同市産のサクランボ「佐藤錦」が振る舞われた。上山市石崎1丁目の公務員永石将人さん(43)は「ダムの上を走ることができて気持ちよかった」と笑顔を見せ、真っ赤なサクランボを口に含んで「格別な味」と喜んだ。

 西村山1市4町と寒河江青年会議所などでつくる実行委員会が主催している。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]