山形市の大規模接種、予約開始 新型コロナワクチン、高齢者向け

2021/6/11 12:16
高齢者の大規模集団接種の予約受け付けを支援する山形市職員=市霞城公民館

 山形市は10日、山形国際交流プラザで15日から実施する高齢者向けの新型コロナウイルスワクチン大規模集団接種の予約受け付けを開始した。受け付けは通信アプリ・LINE(ライン)とインターネットのみのため、操作に不安があるお年寄りを対象に市職員が公民館などで予約支援に当たった。

 予約開始初日の市霞城公民館では、来場者が職員に接種券番号や希望日を伝えると、職員がパソコンを操作し、1人当たり数分で手続きが完了した。同市城西町5丁目、無職松尾鎮生(しずお)さん(72)はコールセンターに50回ほど電話したが、つながらなかったといい「非常にスムーズだった。早く接種したかったので予約できて安心した」と話した。

 予約支援は市内の8公民館と20のコミュニティセンターで、18日まで午前9時~午後5時に行う。10日は午後5時現在で4468件の予約があり、このうち1712件は予約支援を活用した。

 山形市の大規模集団接種の接種期間は1回目が15~28日、2回目が7月6~19日。予約支援に加え、市は会場までの移動をサポートするため、各コミセンなどを経由する予約不要の無料送迎バスを7コースで運行する。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]