国道47号で合同啓発活動 新庄・庄内署がみんなで守ろう作戦

2021/6/10 22:19
重大交通事故が相次いだ国道47号を通過するドライバーに安全運転を呼び掛けた=戸沢村・白糸の滝ドライブイン

 本県側の国道47号で今年4月以降、重大交通事故が相次いだことを受け、新庄と庄内の両署などは10日、「みんなで守ろうルート47作戦」を展開した。

 庄内署では、パトカーに乗った同署員や白バイ隊員が白糸の滝ドライブイン(戸沢村)に向けて出発し、新庄署員や交通安全関係団体の担当者らと現地で合流。参加者約40人が歩道に立ち、プラカードやのぼり旗を掲げた。駐車場に集結したパトカーと白バイ計約10台が一列に並び、赤色灯を点灯させるとともに、県警ヘリ「がっさん」が空から音声を流し、ドライバーに安全運転を呼び掛けた。

 国道47号の本県側では今年4~5月、人身事故が19件発生し、3人が死亡している。最上川と山に挟まれた逃げ場のない道路環境で、事故の重傷率が高いといい、新庄署の山口潤交通課長は「適宜休憩を取り、注意力を維持して運転してほしい」と話した。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]