県内、クマ目撃相次ぐ 山形・南陽・米沢

2021/6/10 13:05
ツキノワグマ(資料写真)

 9日午前6時20分ごろ、山形市防原町でクマ1頭を目撃したと、通り掛かった60代男性が届け出た。

 山形署によると、クマは体長約1メートルで、男性が自転車で通行中、道路を左から右へ横切った。その後、馬見ケ崎川方向へ去ったという。現場は山形市東沢小から北西に約300メートル。

     ◇

 9日午後5時40分ごろ、南陽市金山の路上でクマ1頭を目撃したと、車で通り掛かった30代男性が南陽市役所を通じて南陽署に届け出た。

 同署によると、男性が主要地方道山形南陽線を同市宮内方面に向かって走行中、体長1メートルのクマが横切った。現場は穴戸橋から北に約300メートルで、周辺には住宅が点在している。

     ◇

 9日午前6時ごろ、米沢市下新田でクマ1頭を目撃したと、市内の60代男性が米沢署に届け出た。

 同署によると、クマは体長約1メートル。男性が農道を歩いていた際、田んぼの中を歩き回り東側の天王川方向へ去っていくクマを目撃した。現場は天王川橋の南約200メートル付近で、近くには民家が点在している。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]